DIVERSITY FOR PEACE!DIVERSITY FOR PEACE!

キュレーター

白石 幸栄

2019年5月~11月に行われる世界最大級のアートイベントであるVenice Biennaleの期間、軽井沢ニューアートミュージアム(KaNAM)は、ヴェネツィアの中枢、サンマルコ広場に別館を開館し、展覧会を開催致します。

“Diversity for Peace!”

人類は進歩の過程で、様々な哲学、主義、思想、志向について、多様化してきました。今後22世紀以降に向けて、この全方位的とも言うべき進歩はまだまだ加速していくものと思います。
唯一アートだけが、あるゆる哲学・宗教・人種・性別を超え、楽しみながら、他の考えを見つめることができると、私たちは考えております。
自分と違うことを否定すれば、そこには争いがあり、自分と違う多様性を認めれば、平和的な友好の広がりがあります。

今回KaNAMは、世界の各都市で人気を博している若手アーティストと出会い、彼らのグループ展を企画しました。それぞれの土地で人種、風習・風土、信条などが違うのは当たり前のことですが、作家アイデンティティのありのままの違いを皆さんの目で確認し、彼らがなぜそれぞれの都市で人気を博し、それが国境を越え、グローバルに愛されているのか、その本質は何であるのかを考えて欲しい、と考えました。

人類の現況と未来を把握する上で、現代美術は貴重な考察資料であります。そして、我々全てが、さらなる速度で多様的な変貌を遂げていく訳ですが、ご来場のお客様に至っては、その変遷の過程を皆様に楽しんでいただきたいと願っております。

歴史的に名高い文化の中枢地である「水の都」ヴェネツィアを舞台に企画した本展覧会のあとは、東京でオリンピック、大阪で万博が続きます。日本までいらっしゃる機会がありましたら、軽井沢の本館で行われている様々な企画展にもお越し頂けることを願う次第です。

結びになりますが、アートを愛する人の平和とご多幸を願う限りです。